新築マンションの青田買いは賭け?

皆さん新築マンションを購入する際はモデルルームを見て青田買いされていませんか?
好景気時は良い立地のマンションの場合、完成前に完売してしまう為、多少イメージが湧かなくても
契約に踏み切ってしまう事でしょう。
別に青田買いが悪いとは言いません。
少なくても立地と価格、モデルルームの雰囲気だけで購入しないと言う事です。
もちろん立地と価格が大切な要因である事は承知の事ですが、それ以外の点も重要な事が沢山あります。
分譲マンション購入が初めての方は難しいかもしれませんが、まず皆さんが見ているモデルルーム
(特にプレハブのもの)
これは完売しますと倒してしまい本物件の竣工前には取り壊されてしまい再現ができない事があります。
売りやすいように悪い売主は梁を小さくしたり柱型も小さくしたり演出している事もあります。
契約前には必ず契約住戸の施工図を閲覧させて頂きましょう。(要確認)
また多くは広く見せる為に標準間取りではなく拡張しているケースがあります。(メニュープラン等)
沢山のオプション装備も設置してあり引き渡し時とは大きく仕様が異なる事がほとんどです。
住戸内はリフォームが可能ですからまだ良いのですが共用部分などはそうはいきません。
エレベーターの位置や集合ダストステーション、非常階段などの位置も確認が必要です。
いざ住み始めてみると意外と騒音が大きかったりします。
また必要以上に多くある共用施設があると将来的に管理費や修繕積立金が増える懸念もあります。
ゴミ出しも24時間OKか?など管理規約集の雛形もあるので確認してみましょう。
これらの事は契約後では遅いんです。
人気のあるマンションですと申込みから契約まで非常に時間がタイトです。
ですが安い買い物ではありませんので良く確認、検討してから契約へ進んでください。
まだ契約までに時間のある方はマンション購入に関して掲載しているマンション購入記.comを是非ご覧ください。

ホーム玄関網戸バルコニータイルフロアコーティングオーダー食器棚 | マンション購入記